山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

天皇杯・皇后杯 平成29年度全日本卓球選手権大会(山梨卓球部)

皆さん、こんにちは!(^^)!

今回は、1月15日(月)~21日(木)に行われた、「天皇杯・皇后杯 平成29年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」の結果を報告します!

この大会には、女子3名、男子2名が出場して参りました。

<女子ジュニアの部>

北川 加純(2年)⋯初戦敗退

水谷 彩里合(2年)⋯初戦敗退

<男子ジュニアの部>

菊地 大輝(2年)⋯初戦敗退

雨池 南央人(2年)⋯初戦敗退

<混合ダブルスの部>

天野・菊地(3年・2年)⋯初戦敗退

結果、出場した種目すべて初戦敗退してしまいました。女子はピッチの速さとコース取り、男子はフォアの威力とサーブレシーブでついていけてなかったので、改善していけたら良いと思います。

ここからは、出場した選手に感想を書いていただきました!

 混合ダブルスに参加させて頂きましたが、一般の選手は高校生とは違いどのボールでも決めにいくのではなく確実に入れてくる卓球と感じました。今回学んだ事はこれからの試合などで成果を出していきたいです。

天野 すみれ(3年)

 私は今回、2回目の全日本ジュニア出場となりました。

残念ながら1回戦負けしてしまいましたが、この1試合で多くの事を学びレベルの高い試合を観戦する事ができ、とても良い勉強になりました。

特に強い選手はフォアサイドへのコース取りが上手く台上はチキータをする選手が多かったので自分も技の種類を増やしていこうと思いました。

3月には同じ東京体育館で東京選手権が行われるのでそれまでに今回の試合での反省点を改善し、1回でも多く勝てるように頑張りたいです。

北川 加純(2年)

私は全日本選手権で感じた事は強い選手は3球目などの凡ミスが圧倒的に少なかったことです。

緊張した場面でも丁寧になおかつ威力のあるプレーが多かったです。私は緊張してしまうと自分の思うようなプレーがなかなかできないので、メンタルもすごく大事だと思いました。

この経験を活かして今後の試合に役立てたいと思いました。

水谷 彩里合(2年)

今年も全日本選手権に出場してきました。今年は混合ダブルスとジュニアに出場し、結果は両試合0-3で負けてしまいました。

全日本は日本で1番の大会で雰囲気など他の大会とは違い、出させてもらったのは貴重な経験でした。敗因としてレシーブ力、攻めの姿勢、打球点など、今自分に足りない課題が見つかったので、今後の練習で取り組んで、東京選手権では1回でも多く勝てるようにしていきたいと思います。

菊地 大輝(2年)

全日本選手権につきましては、自分の反省点を再確認できた試合でした。東京体育館という規格外の会場で試合をするという貴重な体験も出来ました。試合では、強い相手に臆せず強気で攻めていくことが出来ました。しかし、荒っぽくプレーをしてしまったために、得点できるところで失点し、負けてしまいました。次からは粘り強く、ミスをしないようにして大きな舞台でも自分のプレーをしていきたいです。

雨池 南央人(2年)

全国の大会で見た事、感じた事を取り入れ、より質の高い練習にできれば良いと思いました。

1年 小澤 こゆき