山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

夏へ向かって!

第90回記念選抜高校野球大会の準々決勝・東海大相模との試合は1-3で敗れベスト4進出とはなりませんでした。

相手は聖光学院(福島)を12-3、静岡を8-1で破って勝ち上がり、2試合とも二桁安打と勢いに乗っているチーム。打撃戦ならこちらも・・・という試合前の感じでしたが、始まってみると投手戦に。

航空の先発は杉本。前の明徳義塾戦でも手がつってしまうまで好投していました。立ち上がりです。1回裏、相模の先頭バッター小松君にいきなり先頭打者ホームランで先制を許しました。この後の試合がどうなるかと不安になりましたが、その後は落ち着いてスコアボードに「0」を並べます。

航空の打線は1巡目はノーヒット。2巡目で井川がセンター前ヒットで初安打を記録。「よしこれから」と思ったのも束の間、けん制死でチャンスを潰しました。

しかし、4回に原田のフォアボールで出塁すると4番上田がヒット&ランでワンアウト1・3塁に。ここで5番の長谷川が3-2から高めに浮いたスライダーを右中間へタイムリーツーベースを放ち同点。1塁走者の上田が長躯ホームを目指しましたが、ホームでタッチアウト!

1-1のまま6回裏、内野安打とタイムリーで勝ち越され、8回にも1点を追加されました。先発杉本は被安打7、奪三振6、与四球1の粘投でした。

星稜高校と共に石川県勢としては最高成績のベスト8。夏の目標はやはり「全国制覇」です。その為には星稜も倒さなければならない相手。

航空球児は夏へ向けて再スタートを切ります!