山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

2年連続ベスト4

第99回全国高等学校野球選手権石川大会の準々決勝。小松大谷との対戦は7-4で勝利し、2年連続のベスト4進出を決めました。

小松大谷とはこのチームで戦うことは初めてですが、最近では2年前の秋の3位決定戦と3年前の春の準決勝で敗れていました。B戦では対戦していますが、メンバー同士のガチンコ対決は初。

エース・佐渡の調子と相手の左投手を攻略できるかがカギとなるところでした。

2回表、航空の攻撃は4番の上田から。ここ2戦でノーヒットだったのですが、ライトフェンス直撃のツーベースで今大会初ヒットを放ち、続く5番小板も同じくライトオーバーのツーベースで先制しました。さらに6番尾畑のセンター前タイムリー、7番兼田はライトライナーでダブルプレーとなりましたが、8番原田のレフト前と続き、9番佐渡の右中間スリーベースで3点目を挙げ主導権を握りました。

そして、待ちに待った主砲の一発がでます。6回表、4番上田がライト場外へソロホームラン。調子が上がってきました。

一方守備では6回に1点を奪われましたが、8回終わって7-1。9回裏は佐渡をライトにし、一安を初登板させます。

先頭バッターにショート尾畑のエラーで出塁を許すと連続デッドボールで満塁とされ、センターへの犠牲フライで1失点。続くバッターにフォアボールを与えたところで杉本に交代しました。代わった杉本はファーストゴロの間に1点を失い、次のバッターにデッドボールを出してしまいます。

再びライトからピッチャーに戻った佐渡が試合を締めました。