山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

ベスト4進出

第136回北信越地区高等学校野球石川県大会の準々決勝、金沢市立工業高校との対戦は7-5で9回サヨナラ勝ちでした。

先発は2度目となる大橋。立ち上がりから少し球が上ずっていましたが、4回まで無得点に抑える投球でした。

航空の攻撃は今大会初めて後攻めを取り、1回裏から先頭の國富がヒットで出塁すると送りバントで2塁へ。5番小板のタイムリーヒットで1点を先制しました。

さらに、4回裏には7番原田のセンターオーバーのツーベースを足掛かりに山上、國富、三桝と連続タイムリーで3点。4回終わって4点のリードで中盤の5回に入りました。

5回表の金沢市立工業の攻撃は大橋の上ずった球に狙いを絞って、エラーなどもあり一挙4点を返されてしまいます。ここで、2番手の杉本にスイッチ。

杉本は要所を抑えていましたが、7回に金沢市立工業の4番バッターにソロホームランを打たれ5-4と1点勝ち越されます。

7回裏先頭の三桝がフォアボールで出塁すると兼田が送り、4番上田がセンター前へタイムリーヒットですぐさま同点に追いつき、試合は9回へ。

9回表にエース佐渡が登場し、7球で3人のバッターを抑えると9回裏です。

3番兼田がデッドボールで出塁し、4番上田のレフトオーバーのサヨナラツーランホームラン!

相手の4番が打てば航空の4番も打つ。見事なアーチでベスト4進出となり、北信越大会へ王手となりました。

準決勝は6日(土)9:00県立球場にて金沢高校と小松大谷高校の勝者と対戦します。