山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

春季大会2回戦

第136回北信越地区高等学校野球石川県大会の2回戦の金沢桜丘戦は12-3(7回コールド)で勝利しました。

長い冬を越えて迎えた春の初戦。相手は春休みに練習試合でも対戦したことのある金沢桜丘でした。初戦ということや、相手も研究していることなど不安もありましたが上々の立ち上がりをみせ、初回からクリーンアップがきっちり仕事をして先制。2回に追いつかれましたが、あわてることなくリードを奪い、最終的には20安打の12得点で圧勝しました。

先発は2年の大橋。投球が高めに浮いたところを狙われ6安打を許しましたが、何とか6回を3点に抑える「クオリティスタート」。四死球も1個と安定していました。

2番手で投げた大越は初めてのメンバー入り。しかし、彼は1年の秋に「穴水高校」の一員としてこの県立球場のマウンドに立っていましたので”2度目の県立球場”ということになります。

また、野手でも冬の練習で伸びてきた選手が代打として登場。競争力の激しさを物語っています。

スタンドの1年生も初めての高校野球応援。グラウンド整備や声出しに必死です。

ホームランこそ出ませんでしたが、2塁打が5本。そのうちの2本は4番の上田でした。逆方向への当たりはあわやホームランかという打球で、風が無ければ入っていたでしょう。3番の兼田も打順を上げて5安打と大当たり。5番小板も3安打に1死球とクリーンアップの出塁率が高いです。

次戦は5月2日(火)9:30より県立球場にて飯田高校と対戦します。北信越大会(新潟開催)に向けて上昇気流に乗ろう!