山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

飛翔

平成28年度の卒業証書授与式が終わり、3年生達が旅立っていきました。惜しくも甲子園には手が届きませんでしたが、最高の夏にしてくれた3年生。その功績と伝統は後輩に受け継がれています。早速、秋の石川県大会で星稜高校にリベンジを果たし、優勝した1、2年生は北信越大会でもベスト4の成績を残しました。さらに、1年生大会の優勝も記憶に新しいところです。

その優勝の陰に学生コーチの存在があったことを皆さんご存知でしょうか。高校卒業後、大学校に進学し2年間学生コーチとして選手と共に汗を流した嶋田洸佑コーチです。

現役当時は2年の秋から不動の「5番ファースト」で出場。3年春の県大会ではベスト4進出の原動力となりました。

高校1年の時です。入学してから1年ほど経ち、練習態度が悪く監督からひどく叱られたことがありました。ちょうどその頃練習に身が入らず、不貞腐れ何もかも嫌で、野球も辞めようかと考えていた時の事でした。その時が自分の気持ちを切り替えるきっかけだったと後で嶋田は語っています。

それからの練習に取り組む姿勢は何かに取り憑かれたように変わり、どんなに辛い練習でも弱音を吐かず、2年の新チームでは副キャプテンになってチームをまとめようと頑張りました。現在、福井工大で活躍中の芳野了哉と、龍谷大学に進学した当時のキャプテン倉﨑とのクリーンアップは打線の核となりました。

そんな嶋田が学生コーチを申し出て、寮生活を含めグラウンドでも高校生と一緒に活動してくれました。航空石川野球部の現在の躍進を支える大事な存在でした。

2年間、夏休みも冬休みも一緒に練習し、兄貴のように高校生に接してくれた嶋田には、野球部スタッフはもちろん、3年生も現役の1、2年生も選手の保護者も皆感謝の気持ちで一杯です。

卒業後は地元に近い企業に就職も決まり、新たな生活が始まります。きっと、学生コーチの経験も社会に出てから生きることでしょう。

大きな翼を広げ飛んで行きました。おめでとう。そしてありがとう!