山梨キャンパスからのお知らせYAMANASHI CAMPUS INFORMATION

  • 新着一覧新着一覧サブ画像
  • 学園からのお知らせサブ画像
  • 山梨キャンパスサブ画像
  • 能登キャンパスサブ画像
  • 部活動報告サブ画像
  • イベント情報サブ画像
  • 教員用ブログサブ画像

球春到来

プロ野球も2月1日にキャンプインし、シーズンの開幕が待ち遠しい季節となりました。

本校OBで、千葉ロッテマリーンズの角中勝也選手は石垣島でキャンプ中。昨年の首位打者ですから、テレビでの露出も多くなりました。

しかし、今日はプロを目指す独立リーガーを紹介します。航空のOBであり、今シーズンBCリーグ(北信越の独立リーグ)に所属する選手です。

まずは今年から石川ミリオンスターズに入団する安井蓮です。

高校卒業後、四国アイランドリーグplus(四国の独立リーグ)の高知ファイティングドッグスに所属しプレーしていました。一昨年からはBCリーグの新潟アルビレックスへ移籍。内野手として活躍していました。縁があって再び石川県に帰ってくる安井です。挨拶リーダーもするようです。

続いては安井の同級生の2人です。富山GRNサンダーバーズの川名大輝です。投手として2015年から所属しています。高校時代はなかなか芽が出ませんでしたが、長身で角度のあるストレートとフォークが持ち味です。

もう一人は山崎貴之です。航空を卒業後、東洋大学に進学しましたが故障もあり、思うようにはプレーできませんでしたが、クラブチームを経て独立リーグに挑戦。昨年のトライアウトで合格し、今年から新規参入する栃木ゴールデンブレーブスに入団が決まった山崎。大型の内野手でバッティングと走塁がアピールポイントです。

そして、トリは福井ミラクルエレファンツの藤原静也です。高校卒業後は社会人として働いていましたが、野球熱が冷めず福井へ。先輩の藤野剛志(航空-大阪学院大―紀州レンジャーズ-カナフレックス-福井ミラクルエレファンツ)がいた2016年は練習生として所属していました。満を持して今年ベールを脱ぎます。

昨年のシーズンで北海道日本ハムファイターズの荒張裕司が現役を引退しただけに、角中に続くプロ野球選手の誕生が待ち遠しいです。

その他にも今年、上武大学を卒業し社会人野球のホンダ硬式野球部に入団予定の山本兼三、さらに大学日本代表候補にも挙がった福井工大の芳野了哉(新3年)など、まだまだ「タマゴ」が沢山います。

高校野球だけでなく、大学野球・社会人野球・独立リーグと、今年の野球も目が離せません。期待してます!